U-25 kansai pitch contest vol.3 関西若手起業家ピッチコンテスト

2020/2/19「U-25 kansai pitch contest vol.3 関西若手起業家ピッチコンテスト」開催

関西若手起業家の発掘と育成をテーマとしたピッチコンテストU-25 kansai pitch contestのvol.3大会を開催します。25歳以下の起業家によるピッチプレゼン、ベンチャーキャピタルや大手新規事業担当者による審査やトークセッション他、出場者、審査員、参加者を交えた懇親会も実施予定。

日 時2020年2月19日(水) 15:00~21:00
定 員500名
参加費無料
会 場OIT梅田タワー(常翔ホール)
所在地大阪市北区茶屋町1-45 3F (Google map
主 催billage OSAKA(株式会社MJE)
共 催大阪商工会議所、都心型オープンイノベーション拠点「Xport」
後 援近畿経済産業局、大阪府、大阪市、関西経済連合会、関西経済同友会、新エネルギー・産業技術総合開発機構関西支部、中小企業基盤整備機構 近畿本部、日本政策金融公庫、日本貿易振興機構(ジェトロ) 大阪本部、関西情報センター、組込みシステム産業振興機構
協 力大阪スタートアップ・エコシステム推進会議(大阪産業局・大阪府・大阪市・堺市・近畿経済産業局・関西経済連合会・大阪商工会議所・関西経済同友会)、関西大学 梅田キャンパス、関西学院大学 研究推進社会連携機構、神戸大学、奈良工業高等専門学校 (予定)、御堂筋まちづくりネットワーク
#概要

・若手起業家によるピッチプレゼン
・ピッチプレゼンは1社5分
・最優秀賞1社、優秀賞1社
・企業審査員より企業賞あり
・審査員によるトークセッション
・懇親会時に結果発表

#タイムテーブル
時間 内容
14:15 受付開始
15:00 オープニング
15:30 ピッチプレゼン
17:45 トークセッション
18:30 結果発表
20:00 懇親会
21:00 終了

#ピッチ登壇者に関して

2019年11月1日より エントリー開始
2020年1月10日 エントリー締切
2020年1月中旬 ピッチ登壇者を発表予定

ピッチコンテスト出場の応募について
・25歳以下であること
・事業実行する意思を持っていること
・関西在住であること
・資本金2000万円以下であること
・起業2年以内であること
・応募フォームにて出場申込みを提出していること
ピッチ出場者の応募はコチラから

#賞の種類
賞の種類

最優秀賞:合計得点が最も高かった登壇起業家に授与
優秀賞:合計得点が2番目に高かった登壇起業家に授与
各企業賞:企業が最も優れていると判断した登壇起業家に授与

#トークセッションについて
トークセッション
#審査員に関して
審査員

安岡 浩太
XTech Ventures株式会社 シニアアソシエイト:2004年大学卒業後、新聞社および出版社で営業や編集業務に従事。2011年、エキサイト株式会社に入社し、広告営業部門に配属。2015年からアライアンス及び投資・M&A部門の立ち上げを経験し、2016年に同部門のマネージャーに就任。2017年より大阪事務所長を兼任。2018年には同部門の部長に就任。2019年3月、XTech Venturesにシニアアソシエイトとして参画。

萩谷 聡
株式会社KVP キャピタリスト:東北大学大学院理学研究科修了。在学中に自身でwebサービスを立ち上げ運営。2013年KLab株式会社に入社後はゲーム事業部にてモバイルゲームの運用、新規ネイティブゲームの立ち上げに企画として従事。2015年4月よりKLab Venturesに参画し、複数の投資先ベンチャーの支援を実施。2015年10月にKVPに参画。

北尾 崇
株式会社サイバーエージェント・キャピタル ヴァイス・プレジデント:2013年メキシコでENVROY MENIKAを創業、代表取締役に就任。約3年間Clean Technology関連プロダクトの輸出・販売事業と、日本企業のメキシコ進出支援事業を手掛ける。2016年1月帰国後、同年4月サイバーエージェント・キャピタルに入社。大阪大学 経済学部卒。投資・支援以外に、スタートアップトレンド「トレキタ」の配信や、月一の資金調達イベントMonthly Pitchの運営も務める。

廣澤 太紀
THE SEED General Partner:2015年East Venturesに参画。新規投資先発掘や投資先支援に従事。2017年からは、投資先にて社外取締役としてファイナンス業務に従事。2018年9月 独立し、シードファンド「THE SEED」を設立。20代の若手起業家へ創業出資。無人カフェロボット「ルートC」、農業技術のSaaSサービス「AGRIS」やVR/AR事業など、現在約10社へ創業投資。

坪田 拓也
株式会社サムライインキュベート Manager Investment Group:京都大学卒。2014年よりオプトにてWebマーケティングや新規商材企画を経験後、グループ会社のオプトインキュベートにてtoCサービスの企画運営の事業責任者や複数事業のインキュベーション業務を経験。2017年にサムライインキュベート入社。大企業の新規事業立ち上げ支援に従事。現在ではInvestment Groupにて投資先の事業支援・スタートアップへの新規投資を担う。

川島 健
株式会社ゼロワンブースター ディレクター:早稲田大学卒。日系医療機器メーカーでEMEA地域の新規市場開拓、外資系医療機器メーカーでプロダクトマーケティングに従事。2017年に事業創造アクセラレーター01Boosterにジョイン。アクセラレータープログラムのマネジメント、ベンチャー投資及び海外アクセラレーターとの連携を推進。2018年にアジアのVC・アクセラレーターコミュニティAcross Asia Allianceを創設。

長南 佑輔
DMM VENTURES 経営企画室 事業戦略グループ グループリーダー:慶應義塾大学卒。日本アジア投資入社後、ブラザー工業グループとのCVC、事業再生ファンド、DFJ-JAIC(現DNX VENTURES)の運用に携わる。2013年カカクコム入社、経営企画室にてM&A戦略の策定及び実行、ゼンリンとの資本業務提携を主導。2015年Viibar入社、管理担当執行役員として、電通及び日本経済新聞社との資本業務提携を実現。2017年より現職。M&A、採用、子会社支援に従事。

岸 裕一郎
株式会社ポーラ・オルビスホールディングス 総合企画室 コーポレートベンチャーキャピタル担当:株式会社ポーラに新卒入社。化粧品事業の販売促進に従事。2017年より株式会社ポーラ・オルビスホールディングスに出向し社内ベンチャー制度により、コーポレートベンチャーキャピタルの立ち上げを行う。現在までで約10社に投資を実行。投資領域はD2C、Beauty Tech、Retail Tech。主な投資先はSHE、Novera、モデラート、WAmazing、DINETTE、Melliaなど。

※五十音順、敬称略

#企業審査員に関して
企業審査員

光信 博雄
伊藤忠商事株式会社 調査・情報部 関西開発調査室 社長特命(関西担当)付:神奈川県出身、早稲田大学商学部卒業、1990年伊藤忠商事株式会社入社。 主にエネルギー、金属等資源分野の営業を担当し、英国、カタール、インドに駐在。 2016年より関西にて新規ビジネス開発、グループ内連携推進、財界活動を担当、今に至る。

鈴木 雄一
サントリーホールディングス株式会社 グローバルヘルスケア開発部課長 兼 研究企画部課長 SUNTORY X START-UPチーム:サントリー入社後、設備エンジニアとして設備導入プロジェクトを担当後、生産部門にて改善推進や人材育成の仕組み構築を担当。その後、研究所で研究戦略の立案・推進を担い、経営企画部を経て、現部署の研究企画部を兼務。新事業開発の立案・推進と技術開発プロジェクトのリーダーを担い、スタートアップとの協業及び新価値創造に向けて挑戦中。

藤井 将朗
大和ハウス工業株式会社 本社 経営企画部 事業企画推進グループ グループ長 / IoT事業企画推進室 室長:1997年大和ハウス工業入社。10年間営業を経験後に、本社経営企画部へ異動。中期経営計画の事業戦略構築を担当。のち、新規事業の開発・推進を担い、海外進出調査やコインパーキング事業、都市公園の運営事業、中古住宅事業を実施。現在はオープンイノベーション促進を通じ、IoT事業企画推進室を立ち上げ、「住まいのIoTプロジェクト」を推進中。

天野 雄介
東和薬品株式会社 事業推進本部長 執行役員 / Tスクエアソリューションズ株式会社 代表取締役社長:大正製薬(株)を経て、朝日監査法人/アーサーアンダーセン(現あずさ監査法人/KPMG)にて15年間、ヘルスケア領域のアドバイザリー業務に従事。2013年に東和薬品へ入社。社長室を経て、事業推進本部とTIS(株)との合弁会社であるTスクエアソリューションズ(株)を統括している。MBA(経営学修士)/ 税理士 / 関西学院大学経営戦略研究科非常勤講師

足立 崇彰
パナソニック株式会社 主幹:2018年6月まで4年間シリコンバレーでPanasonic Venture Group / Associate Directorとしてベンチャー投資、事業開発に従事。 帰国後は事業開発に従事するとともに、スタートアップのアドバイザや大阪商工会議所のインキュベーション組織 Xportのメンター/オーガナイザーを務めるなど社外での活動も精力的に行っている。

河目 浩樹
阪急阪神不動産株式会社 開発事業本部 都市マネジメント事業部 課長:2003年阪急電鉄に入社。不動産部門にて商業施設開発業務に従事後、阪急阪神不動産に出向。現在、都市マネジメント事業部にて、スタートアップ向け会員制オフィス「GVH#5」の運営や、有望なスタートアップの成長を促進するプログラム「Startupbootcamp Scale Osaka」への参加、自社CVCファンド「HHP共創ファンド1号投資事業有限責任組合」による協業検討/推進業務に従事。

宮廻 弘
りそなグループ 株式会社みなと銀行 ビジネスプラザこうべ所長:1991年大和銀行入社(現りそな銀行)後、主要店舗(東京・大阪・名古屋・神戸)にて営業手腕を発揮。のち、3カ店の支店長を務めつつ、本部の営業推進、審査系部署にて営業現場をサポート。2019年、ビジネスプラザこうべの開設に伴い、みなと銀行へ出向。所長として、地域の中小・ベンチャー企業へ幅広いソリューションを提供すべく活動中。

※五十音順、敬称略

#審査項目

各項目5点満点の総合25点満点で評価
・人間性(応援したい、投資したい起業家か)
・課題感(課題が存在しているか、課題の掘り下げは十分か)
・市場性(市場における明確なニーズ・需要が見込まれるか)
・新規性・独創性(アイデアの特徴、競争力があるか)
・将来性(継続的な提供、将来に向けて発展していくか)

#推薦ネットワーク

U-25 kansai pitch contestは推薦ネットワークの協力のもと開催しています。

推薦ネットワーク
#会場情報
推薦ネットワーク

OIT梅田タワー(常翔ホール)
大阪市北区茶屋町1番45号 3階
大阪工業大学 梅田キャンパス
詳細情報はコチラ

#観覧者募集中

・起業家や投資家
・起業に興味のある学生
・企業の新規事業担当者
・スタートアップ関係者
観覧の応募はコチラから

OVERVIEW

U-25 KANSAI PITCH CONTESTとは?

関西在住の若手起業家(U-25) の資金調達や
志を共にする仲間の発掘を後押しするために開始したピッチコンテストです。
東京や大阪のベンチャーキャピタルや大企業の新規事業担当者等
に向けた事業紹介を通して、資金調達の可能性を高める場になっています。

本イベントは毎年2月と8月に定期開催を予定しており、
プレイベントvol.0を2018/11/14に、vol.1を2019/2/13に、vol.2を2019/8/5、東京大会を2019/9/6に実施しました。

若手起業家限定

出場者は25歳以下の若手起業家だけ。これから起業する挑戦者を企業や投資家等と結びつけることで、皆さまの成長を支援します。

毎年2回開催

毎年2月と8月に開催予定。審査員に対して1社5分間のピッチプレゼンを行い、最優秀賞や企業賞を決定します。

VC・大手企業も参加

審査員には、VCや大企業の担当者、先輩起業家などが参加。発掘や成長の機会を提供し、資金調達の可能性を高めます。

ADMISSION FLOW

応募手順と応募資格

01

出場受付

エントリーフォームよりご応募ください。

02

選考(書類審査)

エントリーフォームの内容をもとに事務局にて審査いたします。

03

ピッチ

自分の事業内容を張り切ってアピールしてください。

応募資格

25歳以下であること

事業プランを実行する意思を持っていること

関西在住であること

資本金2000万円以下、起業2年以内であること

登壇者応募フォームを期間中に提出していること

審査項目

人間性(応援したい、投資したい起業家か)

課題感(本当に課題が存在しているか、課題の掘り下げは十分か)

市場性(市場における明確なニーズ・需要が見込まれるか)

新規性・独創性(アイデアの特徴、競争力があるか)

将来性(継続的な提供、将来に向けて発展していくか)

*各項目5点満点の総合25点満点で評価